【500円】dエンジョイパスを使ってワンコインでスパに行く方法【タイムズスパレスタ】

さすがは会員制と頷ける優待がたくさんあるのが、この【dエンジョイパス】です。
もちろんdocomoユーザーでは無い方でも利用できるので安心してくださいね!
この記事では、【dエンジョイパス】を使ってたった500円で、タイムズスパレスタ、万葉の湯、大江戸温泉物語、SPA EASなどに行く方法についてまとめています。

dエンジョイパスは『月額500円』で様々な割引を受ける事ができるサービスです

dエンジョイパスでは月額500円払う事で、5万件以上の様々な割引や優待を受ける事ができるサービスです。

その中でもスパ施設では、タイムズスパレスタ(池袋)SPAEAS(横浜)万葉の湯(横浜・町田)、などなど高級なスパ施設がなんとたったの500円で利用できるんです! 500円ですよ!?(使える施設一覧はこちら)

もちろん、これらは最安値保証で、もし仮にここのサイトより安いプランがあった場合はサポートデスクに電話する事で差額を補填してもらう事ができます。といっても見つけたことはありませんが。

月額500円はかかってしまいますが、その割引内容と使える施設を見る限り、十分払う価値があるサービスです。

 

このサイトでは主にサウナ・スパについて紹介しますが、実は他にも温泉旅館映画館飲食店遊園地ミュージカルなど使えるジャンルは多岐に渡ります。(5万件以上)
詳しくはこちらをチェックしてくだい

 

 

実際に使えるプラン内容を紹介します

ここでは実際にどんな施設やプランを利用できるのかほんの一例ですが、紹介します。もちろん全て500円です。

✔️タイムズスパレスタ(池袋)

都内最強クラスのスパでサウナではアウフグースも開催される。

ブルーのライトと氷が積まれているキンキンの水風呂後の外気浴はととのう事間違いなし!

利用料金 2850円500円 更にボディケアorボディトリートメント10%OFF券

✔️東京お台場 大江戸温泉物語(お台場)

カップル、家族でも楽しめるアミューズメントスパはこちらへ!

選べる浴衣もGOOD!

利用料金 3090円500円

✔️SPAEAS(横浜)

@nifty 温泉ランキングで東日本第3位を受賞した事があるレジェンドスパ!

ここのロウリュは男女一緒に受ける事ができます!

利用料金 2784円500円

✔️横浜みなとみらい万葉の湯(横浜)

外気浴では目の前に広がる海を見ながら、心地よい潮風に吹かれながらととのう事ができます。

屋上の足湯からはみなとみらいの絶景を堪能する事ができます。

利用料金 2750円500円

✔️天然温泉 平和島(品川)

羽田空港を使ったらぜひ寄って欲しい24時間営業のスパで、なんと22時から翌朝5時まで空港⇄スパ間の無料の送迎も行っています。(要予約)

東京では珍しい、名前の通り天然温泉なので体の真から温まリます!

利用料金 2300円500円

 

なんども言いますが、これはほんの一例で、他にも5万件以上の優待があります。詳しくはこちら

 

 

dエンジョイパスの登録方法(所要時間3分)

まずは【dエンジョイパス】のサイトにアクセスします

サイトの上の方にある、新規登録を押し、次のこの画面で初回31日間無料お試しをクリックします。

 

すると、ドコモのサービスを利用する為に必要なdアカウントを作る流れになるので、メールアドレスグーグルヤフーFacebookのアカウントなどを使いdアカウントを作成します。

 

dアカウントを作り、もう一度ログインするとdエンジョイパスの最終確認画面が出るので、規約に同意し、申し込みを完了するをクリックすると無事登録完了です。

その日からすぐに使い始めることが出来るので、早速お気に入りの施設を探して、ガンガン使い込んでください!

(登録から31日間はお試し期間なのでこの期間中に解約するとお金はかかりません)

 

いつでも簡単にアクセス出来るように、スマホでブックマークをしてホーム画面に置いておくのをお勧めします(まだdエンジョイパスのアプリが出ていないので)

会員費として500円はかかりますが、ここまでの割引は他に無いので使うべし

以下の記事で紹介したアソビューもかなりの割引率でこちらもいつも利用していますが、【dエンジョイパス】はさらにそれを上回る割引率です。

得してサウナ

最近はキャッシュレス決済の流れが著しいですが、その波はサウナ業界にも波及しています。 前売り券という仕組みで現金のやり取…

会員費として500円はかかってしまいますが、簡単に元を取ることが出来ます。

初回31日間無料お試しがあるので、もしも気に入らなければその期間中に解約してしまえばお金がかかることはありません。

この機会に是非登録して見てくださいね!

 

サウナに行く場合、【dエンジョイパス】で購入できる施設はこちらを使い、購入できないものはアソビューを使うといった感じで2つをうまく併用するのがオススメです。